正しいスキンケアについて。

スキンケアとは、肌のお手入れのことですが、毎日のスキンケアが美肌を作る基礎となり、10年後も20年後も美しい肌でいることができます。スキンケアの基本は、自分の肌タイプを知ることからはじまります。肌タイプには、大きく分けて、普通肌、脂性肌、乾燥肌、敏感肌、混合肌の5つがあり、自分がどの肌タイプなのかを知らなければ、どんあスキンケアをしてよいかわかりません。

乾燥肌の人と脂性肌の人とではスキンケアの仕方や基礎化粧品の選び方が大きく異なりますし、乾燥肌の人が脂性肌向けの基礎化粧品を使っていたら、逆効果になって肌荒れしてしまうこともあります。洗顔料や基礎化粧品を選ぶときは、なるべく肌に優しいものを選んだほうが良いです。

スキンケアの基本は、洗顔、整肌、仕上げです。洗顔とは、汗や埃など肌の汚れを落とし、整肌とは、化粧水などで肌に水分補給をし、仕上げとはクリームや乳液で保湿し、肌に蓋をすることです。

スキンケアで最も大切なのは、洗顔です。洗顔の役割は、肌の汚れを落とすことです。洗顔が重要なのは、汚れが残ったままの肌では、どんなに保湿してもよくありません。洗顔は、よく泡立てて使うのが、基本です。弾力のある泡で、肌を包むように優しくマッサージしながら洗います。こすったりしてはいけません。

そして、すすぎは念入りして最後は冷水で流します。冷水を使うと毛穴が引き締まります。また洗いすぎはよくありません。必要な皮脂まで落としてしまいますから、絶対にしないで下さい。

洗顔をしたら、すぐに化粧水で肌を整えます。化粧水の役割は、洗顔で失った水分・保湿成分を補うもので、大切です。洗顔で肌の汚れを落とし、化粧水で保湿するのは、どの肌タイプにも共通してるスキンケアの基本です。

スキンケア化粧水をつけたら、美容液で、美容液は、肌トラブルの気になる部分を集中ケアしてくれ、シワやたるみに効果があります。その次に、乳液、クリームをつけます。乳液は保湿もしつつ必要な油分も補ってくれます。

乾燥肌の人はスキンケアにプラスして保湿クリームを使ったり、脂性肌の人は化粧水までで終わりにするなど、肌タイプに合ったスキンケアをする事が大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です